管理人の「せんちゃん」が日々の暮らしや子育ての中で、気になったことや 経験したことを、徒然なるままに書いていくブログです。

子どもと一緒に劇団四季が観たい!~「ライオンキング」編~①何歳から?料金は?

母が初めて劇団四季のミュージカルを観に連れてってくれたのは

私が6歳、妹が3歳の頃。

「キャッツ」でした。

話の内容はよくわからなかったけど、

とにかく歌とダンスに圧倒されて、

ミュージカルが大好きになったのを覚えています。

3歳だった妹は私よりもずっとずっと衝撃を受け、

海外で舞台の仕事に就いちゃったぐらい。

 

スポンサードリンク

 

娘が、妹が初めてキャッツを観たのと同じ

3歳になりました。

ちょうど実家の近くで「ライオンキング」が公演中だったので

帰省したときに思いきって劇場デビューさせることにしました。

 

 

何歳から観られるの?

 

四季の公式ページを観ても

明確に年齢制限は書いてません。

3歳以下で

抱っこしたときに親の肩から上に頭が出ない場合は

子どもの席を確保しなくてもいいとありますが、

実際、3歳以下で観劇を楽しめる子どもは

早々いないと思われ、

3歳以上でも個人差があるのではないかと…

まわりのお客さんへの迷惑にもなるので

ちゃんと観劇を楽しめるか

自己責任でしっかり見極めて、

よっしゃオッケーとなったら連れて行ってあげるのが

マナーだと思います。

 

途中で泣き出したり騒いだりしちゃったら?

 

子どもは予想外の反応をしますよね。

そんなときは大丈夫です。

親子観劇室へGO!です。

客席の後ろに親子で見られるガラス張りの部屋があるんです。

そこでも泣きやまない場合は

ロビーへGO!です。

ちゃんとモニターで舞台が見られます。

係りの方がちゃんと誘導してくれるので

心配ご無用!

 

チケットはどこで買うの?

 

劇団四季の公式サイトから

購入できます。

公式サイトはこちら

 

ネット予約以外にも

電話や窓口での購入も可能です。

 

チケット代はいくら?

 

基本的に1席一律同じ値段で

子ども料金はありません。

でも公演によって「ファミリーゾーン」が

設定されていて、

そのエリア内のS席とA席では

子ども料金が設定されています。

スポンサードリンク

 

 

今回観に行くのは

 

ファミリーゾーン設定公演でした。

 

一般料金  S席 9,800円  A席 8,000円

子ども料金 S席 5,000円  A席 4,000円

 

 

途中で子どもが泣いたり騒いだり

話が弾んだり…なんてこともあるので

座席はすぐに通路に出られる端っこを

押さえた方が安心だと思います。

急にトイレに行きたくなることも

ありえるし。。。

 

子どもにおすすめの演目は?

 

これは重要ですね。

私のミュージカルデビューはキャッツでした。

ストーリーは正直まったく理解できませんでした。

ただキャッツシアター全体の演出のすごさと歌とダンス、

客席と舞台の近さなんかにもうとにかく圧倒されて

ストーリーなんかどうでもいいぐらい楽しめました。

妹はちっちゃかったので

最初は若干ビビッてました。

 

今回はライオンキング。

 

子どもが見るにはぴったりだと思います。

すでにディズニー映画で観たこともあるし

(プリンセスもんに夢中なもんであんまりはまらなかったけど…)、

動物もいっぱい出てくるし、

きっとストーリー自体も楽しんでくれるはず。。。

 

ちなみに私はライオンキングは2回目です。

 

ライオンキングのほかにも

ディズニーのミュージカルは

「美女と野獣」や「リトルマーメイド」、

「アラジン」もこれから公演がはじまります。

私は「美女と野獣」しか観てないんですが、

これも機会があれば、もう観に行けそうな演目です。

あと娘がYouTubeで食いついてたのは

「リトルマーメイド」

でも設定とかストーリーが映画とはちょっと違うみたいで、

説明してやる必要があるとのこと。

 

あと忘れちゃいけないのが

ファミリーミュージカル!

子ども向けとはいえ、クオリティはめっちゃ高いです!

私は「ユタと不思議な仲間たち」が

大好きです。

絶対子どもたちにも観てほしい!

それから「ドリーミング」

青い鳥のお話です。

 

 

 

四季劇場での子ども向けサービスはこちら

 

次回は観劇レポート前半をお送りします!

スポンサードリンク

関連記事

カテゴリー