管理人の「せんちゃん」が日々の暮らしや子育ての中で、気になったことや 経験したことを、徒然なるままに書いていくブログです。

入園グッズを手作りしよう!準備編 ~生地ブランド~

 

前回、ミシンをゲットし

早く動かしたくてたまらない私。

次は生地選びです。

 

スポンサードリンク

 

私の母は洋裁をずっとやっていて

いろんな生地を

たくさん在庫しています。

 

そこでまずはその中から

気に入ったのを

もらってきました。

 

オススメの生地ブランド

 

私が気に入った生地ブランドはこれ。

 

 

 

prestigious textiles (U.K)

STOF (France)

yuwa fabrics (Japan)

THE ALEXANDER HENRY FABRICS (U.S.A)

KOKKA (Japan)

 

 

子どもらしい柄や

ちょっとレトロな雰囲気の柄が好みです。

 

これらの生地は

鎌倉スワニーのオンラインショップで

購入可能です。

URLは記事の最後にご案内します。

 

 

それから手芸店で

気に入って買ったのがこれ。

 

SOULEIADO (France)

soulelado

出典:swany-kamakura.co.jp

 

プロヴァンス生まれのプリント。

植物や動物を色彩豊かに表現していて、

見ればすぐにソレイアードとわかる唯一無二のデザイン。

ポイントで使うだけでも

ぐっと作品がガーリーになると思ったので

カット布を買いました。

 

echino (Japan)

echino

出典:f-echino.com

 

テキスタイルデザイナー古家悦子さんデザインの生地ブランド。

色合いが独特で動物柄も個性的。

アルパカパカパカちょっとオカピ~♪

まさかのオカピ柄を発見。

思わず購入。動物柄には目がありません。

 

 

さらに忘れちゃいけないのがこれ。

 

LIBERTY (U.K)

liberty

出典:liberty-japan.co.jp

 

代表的な小花柄だけでなく

幾何学模様や動物柄、キティちゃんとのコラボなど

ものすごくたくさんの柄が存在します。

リバティの生地は、目が細かく、とてもはりがあって

手触りも絹のようにさらりとしています。

リバティを扱うネットショップはたくさんありますが、

トランテアンは品揃えがいいです。

URLは記事の最後にご案内します。

 

スポンサードリンク

 

 

番外編:名前タグ

生地と一緒に買っておくと便利なのが

名前タグです。

幼稚園グッズは

すべてに名前をつけないと

ダメですからね。

手書きやスタンプ、刺繍も

かわいいですよね。

名前タグは楽チンですよ。

 

名前タグはおしゃべリボンで作れます。

リボンに名前やマークを印刷してくれるので

切って使います。

URLは記事の最後にご案内しますね。

sutanpu2 sutannpu1

出典:oshaberibbon.com

 

私はフルネームの名前タグと

下の名前だけの小さいピスネームを買いました。

ピスネームは二つ折りにして付けるタイプで

既製品みたいになって

ぐっと完成度が高くなりますよ。

 

 

さぁ着々と準備が整ってきました。

 

 

最後に

今回ご紹介したお店はこちら。

 

 

 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントは利用できません。

カテゴリー