管理人の「せんちゃん」が日々の暮らしや子育ての中で、気になったことや 経験したことを、徒然なるままに書いていくブログです。

段ボールで簡単工作!子どものおもちゃの作り方は?

小さい子供がいるとどんどんおもちゃが増えて、

収納に困ったり、なかなか処分できなかったりで

悩んでるお母さんは多いはず。

 

スポンサードリンク

 

そんなときにおすすめなのが段ボールで作る手作りおもちゃ。

簡単で意外と丈夫、そして飽きたら躊躇無く処分できます。

 

お店で買ったおもちゃだと、すぐ壊しちゃったりすると

けっこうショックですが、これだとどんなに手荒く扱われても、

落書きされても、シールをはりまくられても、ぜんぜん平気。

 

 

もちろんお母さんのイライラもありませんw

 

ということで、我が家で作って、3歳の娘が気に入って

くれたものをいくつか紹介しますね。

 

 

帽子

まずは帽子。ハットです。のりがはがれてきたところを

セロテープで補修していますが、かれこれ半年ほど

愛用してます。かぶって踊っています。

 

boushi1

裏側はこんな感じ。ちょっと大きかったので、内側に割れ物を

包む緩衝材をはりつけてフィットさせてます。

 

boushi2

エレキギター

次はエレキギターです。実は初めウクレレを作ったのですが、

激しくかき鳴らしすぎてすぐに壊れちゃったので、

2代目はエレキギターにして、改良を加えました。

 

これももう半年以上愛用しています。ボディーは子供が自分で

ペイントしました。

gita1

 

ちょっとしならせてゴムの弦をはると、かき鳴らしやすく

なります。

gita2

 

裏に割り箸を貼って補強すると、しならせてもポキッと

折れません。

gita3

 

 

お家

最後にお家です。大きい段ボールが手に入ったときに作ります。

これはお誕生日プレゼントのバルーンギフトが入ってた段ボールと

クリスマスツリーが入ってた段ボールで作りました。

スポンサードリンク

 

これからシールを貼ったり、絵を描いたりして、どんどんデコります。

ie1

窓を開けるとこんな感じ。

 

ie2

玄関はこんな感じ。ビデオカメラ付きのインターホンと

かぎ穴があります。ドアノブは段ボールで作ってもいいし、

こんな風に穴を開けても開け閉めしやすくなります。

 

ie3

窓はこんな感じ。

小さい穴を開けておくと子供が開け閉めしやすいです。

窓の下にカウンターを付けてあげると、けっこう活躍しますよ。

 

ie4

 

お家の中でおままごとして作ったお料理を出してくれます。

天窓を作ると中が明るくなります。あと中で何をしてるか

お母さんから見えやすくなりますよ。

 

子供ってせまいとこに入るのほんと好きですよね。

大事なものを持ち込まれることもあるかもしれないのでご用心。

ie5

 

最後に

いかがでしたか?この程度のクオリティーでけっこう

喜んで遊んでくれます。

この程度のクオリティーだからどんどん壊されても

腹立たないし、平気で捨てられます。

 

せっかくおもちゃを買ってあげても、すぐに飽きて

ほったらかしなんてことよくありませんか?

 

うちの子はよくあって、親としてはけっこう切ないんですよね。

でも一緒に組み立てたり、色を塗ったりして作ったおもちゃは

意外と飽きずに長く遊んでくれます。

 

お金もかからないし、いらなくなったら捨てられて収納にも

困らない。段ボールの手作りおもちゃ、是非おためしを!

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントは利用できません。

カテゴリー