管理人の「せんちゃん」が日々の暮らしや子育ての中で、気になったことや 経験したことを、徒然なるままに書いていくブログです。

完全母乳で離乳食を全然食べない!解決する秘策とは?

 

『離乳食をぜんぜん食べない…』

子育ては思い通りいかないことの連続で

悩みが絶えぬもの。

 

スポンサードリンク

 

私にとって、一番の鬼門といえば…

ずばり「離乳食」です。

 

上の子のときは

初めての子育て、初めての離乳食と

はりきっていろいろ作りましたが、

「こんなもん食えるかー!」と幾度となく

茶わんをひっくりかえされ

べーっと吐き出され…

その度にキーッ!!と

ぶちぎれそう(いや、もうぶちぎれてたかも)に

なってたものです。

 

下の子は上の子よりは順調に食べてくれてたんですが

1歳になる1ヶ月前に

熱性けいれんを起こし入院。

 

それをきっかけに

おっぱい依存マックス状態にすっかり逆戻り。

それにともない、せっかく進んでいた離乳食も振り出しへ。

がーん…

 

またもや離乳食食べない地獄へ陥っている今日この頃です。

 

離乳食を食べないと保健師さんなどに相談すると

たいてい言われるのが

「おっぱいを減らしなさい」

なんですが…

 

私が出産した病院は

WHO・ユニセフによってBFH認定を受けている

母乳育児を熱烈応援してくれる病院。

BFHとはBaby Friendly Hospitalの略で

「赤ちゃんにやさしい病院」のことです。

 

妊娠中から母乳の大切さ、

すばらしさを教えてもらったおかげで

楽しい母乳育児ライフを送ってきました。

自然に卒乳していくまで

欲しがったら欲しがっただけあげましょう、

助産師さんの教えです。

 

どぅせえっちゅーねん…

 

そんな悩める私に救いの手がー!

救ってくれたのはこのブログです。

大阪で助産院をされている

カリスマ助産師のこばやしさん。

なんと10人の子供のお母さん!

 

すべての言葉に激しく同感!そして納得!

スッキリ!!

 

スポンサードリンク

 

そう、何をかくそう我らはほ乳類!

 

いつかは食べるようになる!

たしかに、あんなに食べなかった上の子も

3歳にしてようやく食べるようになってきてるなぁ。

 

おかげさまで

周りがなんと言おうと

本人が食べたくなるときまで

のんびりお付き合いする覚悟ができました。

 

子育てに正解なんてないのかも。

アドバイスもさまざまで

混乱してしまうけど、

子供ひとりひとり違うんだよっていうのが

唯一の正解かもしれないですね。

お母さんはいろんなアドバイスの中から

自分の子供にぴったりな答えを

採用すればいいんですね。

 

私は「とことん母乳育児する」

という考え方を採用することにします。

そして、食べても食べても太らない

ミラクル授乳期を

もうしばらく楽しむことにします。

 

お母さんが楽しく育児してることが

結局子供にとって一番の栄養だという説も採用です!

 

助産院ばぶばぶ こばやしさんの

「ごはんを食べない母乳っ子」の記事はコチラ

スポンサードリンク

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー